測量部門

測量部門のトップイメージ

基準点測量、用地測量などの測量業務だけでなく、流量観測、道路附属物点検など、暮らしの安全を守る事業活動も行っています。


 当社は、公共測量から個人の土地境界確定測量に至るまで様々な測量を行っており、GNSS 測量やドローンを用いた空撮など、日々進化する新しい技術を取り込み、お客様に満足していただく成果品の提供を目指しております。
 近年は台風や集中豪雨による災害が多発し、その対策が重要視される中、災害復旧測量だけではなく、災害に備えた河川計画や治水、利水、環境といった河川管理に必要となる基礎データを収集する流量観測についても対応しております。
 また、高度経済成長期より作られてきた道路やトンネル、橋梁、道路附属物などが老朽化し、崩落や落橋、倒壊等による事故事例が報告されるようになり、点検作業の実施によって事故を未然に防止し、安全かつ円滑な交通を確保することも求められており、当社は従来の測量だけでなく、安全へのニーズにも応えていきたいと考えております。
 なお、当部門は、平成25 年度に国土交通省近畿地方整備局発注業務において事務所長表彰を受賞しております。

  • 【表彰記念写真】
    表彰記念写真
  • 【表彰状】
    表彰状

実績紹介

基準点測量

からかながたえんてい建設に伴う3級基準点測量

 基準点測量は既知点に基づき、新点である基準点の位置を定める作業をいいます。新点は、測量作業範囲内若しくはその近傍(きんぼう)に既知点がない場合に設置が必要となります。
 当社ではその設置方法としてトータルステーション(TS)による測量はもとより、GNSS測量によるスタティック法やRTK法による測量も実施しております。また、山間部や住宅街など衛星からの電波受信に影響がある地物が多い場所については長脚やタワーを用いて対応しております。

 本業務は砂防堰堤の建設に伴い、3級基準点を3点新設するため、GNSS測量スタティック法による基準点測量を行いました。新設点のうち1点は、山頂付近であったことからタワーを設置し、他2点は長脚を設置して観測を行いました。


用地測量

国道29号杉田地区他用地測量等業務

 用地測量は土地及び境界等について調査し、用地取得等に必要な資料及び図面を作成する作業をいいます。土地の境界を確定する工程として法務局や役所において資料調査を行い、現地において関係権利者との境界立会いを行います。境界確認により特定した境界を測量し、用地実測図や用地平面図を図面に展開して作成します。
 本業務においては、約2万㎡を測量範囲とし、約34人の権利者との境界立会いを行いました。当社は長年にわたる経験を活かし、綿密な資料調査により知り得た情報をもとに解析し、権利者へは中立の立場で説明や聴取を慎重に行いました。用地測量はひとつの物事で長期化する可能性が高い業務となりますので、境界確定を円滑に遂行出来るように細心の注意を払いながら進めました。

 なお、当社は土地分筆登記をはじめ、地図の訂正申出や地積更正登記など土地表示登記に関する手続きを連携する土地家屋調査士事務所へ委託することによって全般的に対応可能です。(詳細は「登記部門」を参照)


流量観測

加古川下流流量観測業務

 近年、台風や長時間に及ぶ集中豪雨による災害が多発しているため、その対策が重要視される中、河川計画の立案や洪水予報等の河川管理を行うには長年にわたる通年の流量(※1)の変化を知る必要があります。そこで、流量観測(※2)を実施することにより取得したデータを蓄積することが重要となります。


※1流量とは単位時間に河川のある横断面を流下する水量のこと
※2流量観測は河川を横断上で細かくピッチ分けし、そのピッチ毎の断面積とその区間での流速を測って流量を求める方法

 取得したデータは、今後の治水、利水、環境といった各側面から総合的な河川管理にとって必要となる基礎データとなります。

 流量観測方法はいくつかありますが、弊社は主に流速計を使用して流量を求める流速計測法と浮子を使用して流量を求める浮子測法を用いて観測しました。流速計は徒歩や舟を用いて年間36回観測を行う低水流量観測に使用しま した。浮子は台風や集中豪雨による洪水時に行う高水流量観測に使用しました。
平成28年度事業では台風16号の影響による出水があり、9月20日午後2時20分の高水流量観測合図により出動しました。

 流量観測にて取得した全てのデータをもとに水位(H)と流量(Q)の関係を求め、水位流量曲線式(H-Q曲線式)を作成しました。


道路附属物点検

道路附属物点検業務委託

 道路標識、道路照明施設、道路情報提供装置及び道路情報収集装置を道路附属物といいます。 近年では照明灯具の落下や支柱の倒壊等による事故事例が報告されているため、点検作業の実施によって附属物の変状を出来るだけ早期に発見し、適切な措置を講じることにより事故を防止し、安全かつ円滑な交通を確保することができます。

 本業務は「附属物(標識、照明施設等)の点検要領(案)(平成22年12月 国土交通省道路局国道・防災課)」に基づき定期点検(詳細点検)を実施しました。
 調査範囲は、加古川市及び高砂市内の国道2路線と県道26路線に及ぶ附属物を対象とし、約1800本を調査のうえ1000本の点検を行いました。
 点検方法は所定の部位に対して点検用資機材を併用して近接目視により行い、点検結果より腐食が著しい部位には超音波パルス反射法による残存板厚調査、亀裂の疑いがある部位には磁粉探傷試験を行い、点検結果をとりまとめました。


その他実績

【基準点測量】
発注者業務名
国土地理院
近畿地方測量部
都市再生街区基本調査(土地活用促進調査)
作業(兵庫県尼崎市B地区)
国土交通省
土地・水資源局
平成22年度山村境界基本調査(兵庫県丹波市)
播磨町役場播磨町公共基準点新設業務

【地形測量】
発注者業務名
兵庫県 西播磨県民局
光都土木事務所
千種川水系佐用川H21災害に関する緊急測量業務(その31)
兵庫県阪神南県民局
西宮土木事務所
蓬川水系蓬川測量業務
香美町役場町道西浜線路線測量・設計業務
兵庫県警察本部加古川警察東加古川交番庁舎新築敷地測量委託

【路線測量】
発注者業務名
神河町役場町道依成岸野線路線・用地測量業務委託
加古川市役所市道稲屋2号線道路改良事業に伴う測量業務委託
国土交通省近畿地方整備局
豊岡河川国道事務所
北近畿豊岡自動車道幅杭設置業務
兵庫県東播磨県民局
加古川土木事務所
(二)法華山谷川水系法華山谷川測量業務

【河川測量】
発注者業務名
国土交通省近畿地方整備局
姫路河川国道事務所
揖保川堤防測量業務
国土交通省近畿地方整備局
福知山河川国道事務所
由良川堤防及び樋門挙動観測業務
国土交通省近畿地方整備局
福知山河川国道事務所
由良川堤防等挙動観測業務

【用地測量】
発注者業務名
兵庫県但馬県民局
新温泉土木事務所
国道178号浜坂道路用地境界測量(余部工区)委託
たつの市役所市道新宮中学校線用地測量等業務委託
国土交通省近畿地方整備局
兵庫国道事務所
国道28号里地区他保安林解除測量業務
明石市役所大久保44号線用地測量業務委託
国土交通省近畿地方整備局
福知山河川国道事務所
福知山河川国道事務所管内用地測量等業務
国土交通省近畿地方整備局
六甲砂防事務所
GB北畑地区用地測量等業務
兵庫県東播磨県民局(主)加古川小野線 東播磨道
2期事業用地測量業務(第3工区)
高砂市役所細街路拡幅に伴う用地測量業務委託
兵庫県東播磨県民局
加古川土木事務所
尾上小野線(安田工区)用地測量業務委託
国土交通省近畿地方整備局
京都国道事務所
京都国道管内事業用地測量等業務
国土交通省近畿地方整備局
六甲砂防事務所
大池見山東堰堤用地測量等業務
兵庫県阪神北県民局
宝塚土木事務所
(主)三田後川上線 用地測量業務委託
国土交通省近畿地方整備局
国営明石海峡公園事務所
国営明石海峡公園用地調査等業務
加古川市役所市道西井ノロ船頭線道路改良事業に伴う用地測量業務委託

【その他】
発注者業務名
国土交通省近畿地方整備局
兵庫国道事務所
名塩道路名塩地区台帳整備業務
兵庫県北播磨県民局
加東土木事務所
三木山崎線外1線電線共同溝管理台帳作成業務
兵庫県中播磨県民局
姫路土木事務所
加美宍粟線道路台帳作成業務
兵庫県神戸県民センター
神戸土木事務所
(二)武庫川水系有野川他 T11号災害緊急設計図等作成業務
兵庫県但馬県民局
養父土木事務所
(一)福岡出合線保安林解除申請書作成業務委託
兵庫県東播磨県民局
加古川土木事務所
(主)加古川小野線 東播磨道
境界杭復元測量等業務委託
高砂市小松原土地区画整理組合地区界測量・街区確定計算測設測量委託

お問い合わせ

掲載事例に関するご質問、お問い合わせは以下の窓口へ


TEL:079-423-5155

FAX:079-423-5188


測量部 担当 福田



フォームからの問い合わせ

PAGE TOP ▲